2016-05-28

レンタルCTO

cto-image


 
システムや開発現場が抱える課題を、CTOとして解決していきます!

こんな課題かかえていませんか?

  • 新プロジェクトを立ち上げることになった。でもベストな始め方が分からない…
  • 顧客が満足していない、期待に応えられていない…
  • プロジェクトの進捗が良くない。開発者にもっとスピーディーに動いて欲しい…
  • 開発者の意見が専門的すぎて理解が難しい、意見が正しいのか判断できない…
  • チームがうまくコラボできてない…

CTOがそのプロジェクト、改善します!

cto-2

ファシリテーション

  • 開発チームの意見を噛み砕いて伝達
  • 経営陣からの意見を開発者が理解しやすい形で伝達
  • 開発チームの成果物の評価

コラボ最適化

  • チーム自ら成長していくアジャイル開発手法「スクラム」の導入
  • チーム自ら問題の解決策を最速で見つけ出せる会議メソッドの導入
  • 属人化しないチーム編成の提案
  • コードレビューやペアプログラミングの導入の提案

戦略的設計

  • ドメイン駆動設計、オブジェクト指向設計、アナリシスパターンなどを導入し、複雑な業務システムをメンテしやすい単位に分割
  • チームが自らメンテしやすい形に設計・実装できるように指南

プロセスからの品質改善

  • テスト駆動開発を取り入れる
  • 継続的インテグレーションを導入し、いつでもリリースできる状態を実現
  • 防御的プログラミング・契約プログラミングの導入支援
  • コードレビューに参加(対象言語はPHP、Scala、JavaScript、HTML、Goなど)
  • 画面の自動テスト導入し、テスト工数を省力化する支援

参加プロジェクトからの反響

“スケジュールが明確になり、リモートでも開発が順調”

森さんにレンタルCEOとしてチームに参加して頂きスクラム手法を取り入れたプロジェクト管理をして頂くことで、町田さんとのスケジュール感の共有が出来、リモートワークでも開発が順調に進むようになりました!

これまで経験したプロジェクトでもスクラムの要素を取り入れて開発した事はありますが、スクラム開発について十分な知識のあるスクラムマスターほどの知識はある人はいなかったため、それなりには機能していましたが完全とはいえず結局開発の進捗をしっかり把握する事は出来ませんでした。

今回森さんにレンタルCEOでスクラムマスターとして入って頂いたおかげでプロダクトオーナーである町田さんと、エンジニアの私との間でスケジュールや機能の工数などを共通の認識を得ることが出来、お互い信頼しあい開発する事ができるようになったため、リモートでも支障なく開発が出来るようになりました。

株式会社Zens 立花 様

cto-1

zensでAirbnbメッセージや清掃タスク管理ツールを開発しています。そこでクラフトマンソフトウェアの「レンタルCTO」を利用していますが、お世辞抜きに素晴らしいサービスです。明らかに価格以上の価値を感じます。ソフトウェア開発している…

Posted by Ryoma Machida on 2015年11月2日


ご利用料金

レンタルCTOプランは、月額チケット制となっており、チケットの範囲内であれば自由に相談していただけます!

10チケット: 月額50万円

チケットについて

業務内容ごとに必要チケット数が定めてあり、業務のご依頼ごとにチケットを消費する形になります。

  • オフラインでの実施
    • 開発チームの問題解決コンサルティング 1時間: 2チケット
    • 技術相談 1時間: 2チケット
    • コードレビュー 5〜10件程度のフィードバック: 2〜3チケット
    • 設計レビュー、設計の提案: 6チケット〜
    • 社内教育・勉強会の実施 開催1回につき1チケット + 1時間ごとに1チケット (例: 2時間の勉強会の場合、1開催+2時間なので、3チケットとなります)
  • オンラインでの実施
    • Slack・Skype・Google Talk等での技術相談 1時間: 1チケット
    • コードレビュー 5〜10件程度のフィードバック: 1チケット
    • 設計レビュー、設計の提案: 5チケット〜

以上に記載のないものは、都度ごお見積りにて必要チケット数を決めさせていただいております。

追加チケット

10チケットを超える場合は、都度チケットを追加していただくことが可能です。

  • 3チケット追加 15万円
  • 5チケット追加 25万円
  • 10チケット追加 50万円

※ 金額は税別。
※ 交通費・必要経費等の実費が発生する場合は別途ご請求になります。
※ ご契約は3ヶ月以上から承ります。

ご利用までの流れ

  1. お問い合わせ: お問い合わせいただきます。

* 訪問ヒアリングとデモ提案: 訪問またオンラインにて課題をヒアリングし、その場で改善策のご提案(無料)します。(1時間程度)
* 契約・入金: レンタルCTO契約とNDAを締結していただきます。CTO参加前に当月の利用料をご入金いただきます。
* CTO参加: CTOとしてチームに参加し、課題解決・改善にバシバシ取り組んでいきます!

FAQ

Q コーディングや開発もお願いできますか?
A レンタルCTOは、開発現場が抱える課題を解決することで、開発チームのパフォーマンスを向上させるような活動を対象としています。 レンタルCTOとは別で、ソフトウェア開発もお引き受け可能です

Q チケットの繰越はできますか?
A チケットの次月繰越はできませんが、翌月分のチケットを前倒しでお使いいただくことは可能です。

Q 専属のCTOとしてJoinしてもらえますか?
A 申し訳ございませんが、専属でJoinすることはお断りしております…。

Picture Designed by Freepik