クラフトマンソフトウェア、次世代テスティングオートメーション「ShouldBee」、ベーシックプランを無料化

クラフトマンソフトウェア、次世代テスティングオートメーション「ShouldBee」のベーシックプランを無料化

 

株式会社クラフトマンソフトウェア(本社:東京都板橋区 代表取締役:森 怜峰)は、2017年5月1日、同社が提供するウェブアプリケーションのブラウザテストを自動化するウェブサービス「ShouldBee」のベーシックプランを無料化したことを発表いたします。

 

「ShouldBee」について

ShouldBeeは無料で使えるウェブサイトのテスト自動化を支援するクラウドのサービスです。

「ShouldBee」はこれまで手動で行っていたテスト手順を日本語で書いて実行するだけで自動テストが行なえます。また、テストを日本語で書けるため非エンジニアでもテストが書け、そのまま仕様書として活用することも可能であり、時間短縮や品質向上だけでなく、チーム内や顧客とのコミュニケーションを円滑化する効果も見込むことができるツールです。さらに、テストは英語で記述することも可能なためオフショアでテストを実施する場合にもご活用頂くことが可能です。

次世代テスティングオートメーション「ShouldBee」

 

このたび「ShouldBee」をさらに広く普及し、より多くのお客様にご活用いただき国内のイノベーションを加速させるべく、小規模なプロジェクトでも利用頂きやすいよう価格改定(一部無料化)を実施しますことをお知らせ致します。

つきましては、2017年5月1日より個人利用者/小規模チーム向けであるベーシックプランの月額料金を無料と致しました。なにとぞご高配くださいますよう、衷心よりお願い申し上げます。

 

【既にShouldBeeを利用中のお客様へ重要なご案内】

既存のベーシックプランをご利用中のお客様におかれましては、現在お支払いいただいている月額料金が5月以降、無料となります。

* カード決済のお客様:4月分を持って決済は終了となり、5月以降はお支払はございません。
* 請求書払いのお客様:5月以降は請求書は発行されません。

 

【試用期間のみで利用が終了されていたお客様へのご案内】

これまで35日の試用期間が経過後、Chrome、FireFox、IEの利用が停止となりヘッドレスブラウザであるPhantomJSのみが利用可能な無料プランとなっておりましたが、今回のベーシックプラン無料化に伴い、全ての無料プランユーザはベーシックプラン(無料)に自動的に移行されます。テスト回数の制限はございませんので、十分にご活用下さい。

 

【改訂内容】

実施日:2017年5月1日
これまでのベーシック、プロ、エンタープライズのプランから下記、2種類の料金プランに改定致します。

 

◆フリープラン

ShouldBeeの基本機能の全てが利用可能です。テストで使用するブラウザはChromeの他、FireFox、Internet Explorerもご利用頂けます。

料金:無料

 

◆ビジネスプラン(法人・チーム向け)サービス

ビジネスプランではフリープランの機能に加え、下記のオプションを含めてご提供しております。
* VPN接続(社内サーバ向け等)
* テストサーバ(ShouldBee)のオンプレミス設置
* テストスクリプト作成支援
* ShouldBeeのカスタマイズ
* テストコンサルティング
* テスト自動化コンサルティング
* 品質向上コンサルティング

料金:どのオプションを選択頂くかで料金が異なってまいります。詳しくはお問合せ下さい。

尚、新プランでの受付は2017年5月1日以降の新規申込み分から適用されます。
※上記料金は全て税抜の料金です。

 

これからビジネスプランを利用したい企業・ご担当者さまへ

ビジネスプランでは、オプション機能の提供のほか、テストスクリプト作成支援、テストコンサルティング、テスト自動化コンサルティング、品質向上コンサルティングをご提供しております。

テストの自動化は、自動化するまでにテストスクリプトを書くという工程があり、自動化したいが人手を割けないといった理由で自動化しきるまでに至らなかったというケースも良く聞かれます。弊社ではテストスクリプトの作成支援や、テストを自動化していくためのステップ(事業設計)を一緒に考えたり、チームや事業部でどうやって取り組むべきかのコンサルティングを通して支援することで、自動化による品質向上、リリースのスピードアップ、コスト削減を実現し顧客の重要なプロダクトの価値向上を支援しております。

また、開発中のシステムのセキュリティに不安がございましたら弊社で提供しているサービス「バグハント」でセキュリティのチェックも提供しております。是非ご利用ください。

 

お問合せ先

ShouldBee サポート <support@craftsman-software.com>

以上となります。
今後ともShouldBeeをどうぞ宜しくお願い致します。

敬具

………………………………………………………………………
株式会社クラフトマンソフトウェア
ShouldBee運営チーム
http://c16e.com/
support@craftsman-software.com
………………………………………………………………………

The following two tabs change content below.

Toshihiro Takehara

営業、ユーザサポートとマーケティングを担当しています。エンジニアとしてセキュリティ診断やインフラ開発も行っています。日本OTRSユーザ会会長。